読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動物映画D20

動物映画をたんたんと見続けるコヨーテなのでした。 

LOVEまさおくんがいく

これもなんかいわく言いがたい感慨のある映画。
動物バラエティのわざとらしさを再現するためか、
いかにもわざとらしく演技されているんだけど、
その「虚構の虚構」がだんだん現実を飲み込んでいく感じの怖さがあった。
その怖さがあったからこそ、アイドル動物を描ききったなあという余韻が残る。
動物映画というものが、どういうものかを感じられる作品の一つ。
もうひとつ言うと、この映画も、おおかみこどもの直前に公開されていた。