読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動物映画D20

動物映画をたんたんと見続けるコヨーテなのでした。 

ターボ 

カタツムリのターボは農園で仲間たちと楽しく過ごしながらも
カーレースに憧れ速さを追い求めて生きてきた。
ある晩かれは車に巻き込まれてニトロを細胞レベルで摂取してしまい、
時速300キロ以上の速度を誇るスーパークリーチャーへと進化してしまった!
そして彼はインディ500に挑む……

みたいな話。



10年前にカーズを見たときに思ったけど、
あれはアメリカ人によるアメリカ人のための映画で、
アメリカの大地にいつしか刻まれた車と道の歴史をたたえる作品だった。
すごく人気が出たけど、ちょっと日本人には難しいというか、
おいらも知りえないどこか心のどこかでわかりあえないところがあるのではないかという
そんな気持ちがしていた。


これも、大体似た感じで、
インディ500とアメリカンカルチャーの世界観を丁寧に書いていたけど、
さすがにCGアニメーションの題材としては知名度がいまひとつだったのではないでしょか。
劇場でやらなかったのもしゃーないと思います。

全体的に、安定感のある内容なので
なんか洋物CGアニメにうえてる人は十分満足できると思います。


物語 3 (標準的なアメリカンCGアニメ)
キャラクター 3 (ホワイトシャドー超かっこいい)
動物 3 (丁寧だけどカタツムリかわいくない)
ファンタジー 3 (ちょっとぶっ飛んだ不思議さが足りない)
総合 3 (アニメ作品としては安定した内容だと思う)


お値段 1800円としておこう
あ、あと途中で流れるターボ海外MAD動画集みたいなのが、
海外のろくでもないマイリトルポニーMADを彷彿とさせたので+100円としておこう。