読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動物映画D20

動物映画をたんたんと見続けるコヨーテなのでした。 

*ビッグ・ベア 救え!小さな仲間たちと不思議の森 

ビッグ・ベア 救え! 小さな仲間たちと不思議の森 [DVD]

ビッグ・ベア 救え! 小さな仲間たちと不思議の森 [DVD]

 

 

また怪しげなクマのCGアニメが出たな〜と思いながら、借りてきた。

デンマーク語の音声が入っているので、その辺の映画かしら。

 

ざっくりあらすじ

兄妹げんかがエスカレートして森へ迷い込んでしまった兄妹は、

そこで想像を絶する巨大なクマと出会う。

兄は二人で家に帰ろうとするが、妹は兄を拒絶し、クマと仲良くなっていく。

そこで、兄はクマ殺しの狩人に依頼して妹を連れ戻そうとする…

みたいなやつ。

 

前半はすごくゆっくり時間が流れて、

すごく丁寧に兄妹の信頼感が引き裂かれていく様を描いていて、

よくあるヨーロッパ系ダラダラ映画かと思って心配したんだけど、

クマが出てきてからは凄いサクサクでおもしろくなっていく。

そして、前半にダラダラと使われていたいろいろなモチーフが

後半に一気に出てくるので、爽快感もある。

 

熊撃ちを逆の立場から描く、というアイデアに兄妹ゲンカを交える

テクニカルな構成は、現代の動物映画的で非常に興味深い。

 

まあ、文句なく良作かというと、

「期待しないでみると、すごく度肝を抜かれる」

っていう域の作品であることは否めないけど、

なんか大作と一緒に借りてきて息抜きに見ると、意外と好きになると思う。

っていうか、クマのビジュアルがすごいかっこいいので、それだけでもぜひ。

 

1800円でみる価値があるかについては、

熊撃ちもので1500円。

クマのビジュアルで+200円。

兄妹の心理描写が飽きさせないので+100円の

1800円としておこう。

 

久しぶりに感想を書いた。

 

ペットとか、ルドルフとイッパイアッテナも見てるんですよ。

あと、アングリーバードも。