読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動物映画D20

動物映画をたんたんと見続けるコヨーテなのでした。 

ベル&セバスチャン

http://www.belleandsebastian.net


というわけでみてまいりました。
久しぶりの動物映画でございます。
あの人気動物アニメシリーズ、名犬ジョリィの原作の実写映画。


自分も世界の名犬シリーズを頑張って追っていた時期があり、
この名犬ジョリィシリーズにたどりついたわけだけど、
意外とこの名犬ジョリィ、知名度が高くてびっくりするというか、
逆に「なぜジョリィを知らないのか」みたいな話にすらなりがちという
なんか実感の割にすごい動物作品なわけですよ。
というわけで見てきました。


あらすじ

フランスとスイスの国境にそびえるアルプス山脈
セバスチャンは山遊びの途中、偶然にも一匹の牧羊犬と出会う。
彼は、牧畜を営む村人たちに恐れている「魔獣」だった。
魔獣が人間に捨てられた牧羊犬であることを知ったセバスチャンは、
彼と友達になろうと、山を駆け回る毎日を送る。
そんな最中、セバスチャンは、山の中で村人たちの秘密を目撃してしまい、
それをきっかけに、平和な少年の日常は、第二次世界大戦の悲しみに飲み込まれていく……

みたいなお話。
久々に動物映画のあらすじ書いたけど、結構うまくまとまりましたね。(自画自賛)
てか、途中まで、グレートピレニーズだからピレネーの話だと思い込んでいたcoyote少年なのでした。


なんつーか、名犬ジョリィの思い出というと、このブログでもはるか昔に触れたけど、
二人が投獄された時に、セバスチャンに「牢が壊せるかい?」とか言われて
速攻で牢屋を破壊して脱獄していた話の印象が強くて、
ジョリィ=動物界屈指のパワーキャラみたいなイメージなのだ。
この映画を観る時も、ジョリィがどんだけ強いか期待して劇場に行ったし、
村人による魔獣のプロモーションが非常にいい感じで、
どんだけすごいのが出てくるんだろうと思ったんですが、
これ多分ネタバレしても誰も文句言わないと思うけど、
普通にかわいい感じのグレートピレニーズが出てきて、
こんにちは人間さん、みたいなペット映画みたいな空気感になっちゃって
そこでもう結構笑ってしまった。
そして、それに続く銃声がして警戒するシーンとかで、魔獣っぽくうなり声をあげるんだけど、
それもなんか「言われたからやってます」みたいな、どこかあどけない感じで
掃除機が怖くて威嚇しちゃう犬みたいな絵になってた。


それ以降も全然セバスチャンを警戒してないし、
すぐ尻尾振りながら少年について行っちゃうので、
魔獣ったって、まあこいつには悪いことはできねーだろうな、みたいな物語上の意味を超えて、
単にかわいい動物をひたすらみせる映画みたいになってた。


そこがなんかうまく作用して、中盤からは少しムードが変わるんだけど、
ベルがかわいいとこだけは変わらないので、そこのギャップも割とおもしろい感じです。
この人は悲劇には絶対あわねえだろうなあ、みたいな、オーラがあった。
かわいいはほんと正義ですな。


セバスチャンは魔獣にベルっていう名前をつけていて、
ジョリィってなるのはアニメ版だけみたいなんですが、
このベルっていうのは劇中でも語られるけど「女の子」っていう意味なんですよね。
これってほら、あれですよ。
こんな場末の動物映画のレビューなんて見てる熱心な人には言わずもがなですが
名犬ラッシーと同じ発想ですね。
名犬ラッドもそんな感じですが、この辺のつながりも、名犬探求シリーズとしては興味深いですな。


映画としては、全体的に残念なところはほとんどなくて、
映像もいちいち綺麗だし、
動物映画には珍しくちゃんと人間を最後まで描くような物語があったし、
音楽も素晴らしい、
ベルはとにかく写ってる間は全てかわいい、みたいな
「名犬映画かくあるべし」というような魂を感じさせる高級路線動物映画でした。


お値段としては、名犬ジョリィを見たことがあるなら1500円。
ベルが常にかわいいので+300円。
あと、セバスチャンが地味に超絶美少年で、これもわりとかわいい(危ない…)ので+300円
ということで、2100円としておこう。
あ、あと「ベルの歌」で笑ったので+300円の2400円としておこう。
いや、いい歌でしたよ。
動物映画はこうでなきゃあ。


ちなみに、「狩人と犬、最後の旅」の監督だったみたいです。
狩人と犬は、僕が、こっちに来て初めて見た映画。
あれからずいぶんと時が経ったのだなあと。